成長していくべきか

この前のメールに関して質問が来たので
回答を共有しておきます。

> 年齢相応の発信をするべきとのことでしたが
> これは、参入の時だけの話でしょうか。
>
> たとえば、すでに読者さんを抱えている状態で
> 自分が、30代、40代と、年を重ねていく際に、
> 年齢相応に発信内容や言葉使いも
> 成長していく必要があるのでしょうか。

結論から言うと、ありません。

というか、10年スパンで付き合うお客さんって
まずほとんど存在しないので、
そもそも、考える必要はありません。

その時々の、あなたの自然体で
好きなように発信すればOKです。

むしろ、変に、成長を演出しようとしても
その違和感だけが際立ち
メールやコピーが読みづらくだけです。

実際、私の文章は、
20代の頃と比較しても、
それほど、大きくは変わっていません。

変わってきた部分といえば、
若干ですが、
IQの差に配慮するようになったことくらいですね。

やっぱり、普通の人よりも
圧倒的にIQが高いので、
無配慮で発信をすると、
ミスリードを生む可能性が高いと実感したからです。

一方で、EQの差に関しては
相変らず無配慮で、
EQの低い、価値観の違う相手に迎合することはありません。

徹底して排除のスタンスは継続しています。

というわけで、
あなたも、特別意識しないかぎり、
5年後、10年後も、
今と同じような文章を書いていると思います。

ですが、それでいいと思います、
稼げているならば(笑)

大切なのは、その形式よりも
伝わるという結果、稼げているという結果ですからね。

プロセスにとらわれて
本質を、目的を、見失わないようにご注意ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です