感想と補足を共有します

昨日のメールに関して、
わりと多くの感想をいただきました。

せっかくですので
共有させていただこうと思います。

なお、あとで詳しくお話ししますが、
メルマガを配信する際に、
書いてはいけない単語というものがあります。

それは何かというと、
スパムメールと誤認されるリスクのある、
いわゆるNGワードというものです。

通常、スパムメールで使われることの多い単語は
それが文面に入ることで
プロバイダや、メールサービス側に
自動的にスパム判定をされてしまうことがあります。

なので、感想についても、
NGワードを含んでいるものがあったので
私の方で一部編集させていただきました。

> メルマガが今後稼げなくなる本当の理由、
> とてもわかりやすくて腑に落ちました。
>
> 今後、そんな状況でも結果を出す方法を
> 教えてくださるとのことでしたが。
>
> 関口さんは当然として、
> 関口さんのお客さんも実践している方法でしょうか。

感想ありがとうございます。
メールから察するに、
モヤモヤ感が取れたのではないでしょうか。

さて、これからお伝えする方法ですが。

私はもちろんのこと、
私のクライアントさんも実践している方法です。

そうなると、気になるのは、
実践者の増加による効果の減退ですよね。

でも、まったく心配要りません。

なぜなら、実践者が100人、1000人増えたところで
効果の落ちるような
脆い稼ぎ方ではないからです。

あと、現実的な話をするとですね・・・。

こういう話を、事細かに話したとしても、
実践する人って1~2%しかいないんです。

教材などのような
有料の形式にしても、
10%いればいい方です。

というわけで、たとえ1万人がその方法を知っても
効果落ちを懸念する必要はありません。

自分は自分で、
実践することに意識を集中させましょう。

> 関口さん、はじめまして!
> 小坂と申します。
>
> 関口さんの説明はとてもわかりやすかったです。
> そして、差別化のジレンマも理解できました。
>
> 私はこれまで何度もメルマガを発行しては
> 稼ぐことができずに挫折していました。
>
> その原因の一端がわかった気がします。
> 本当にありがとうございました!

感想ありがとうございます。

そうですね、差別化のジレンマ、
これは後発組ほど意識すべき問題です。

結局、発信者として稼ぐためには
自分の発信情報に対して
価値を感じてもらわなければなりません。

ですが、漠然と
「私が稼いだ方法を教えます!」
だけでは、もはや、
注意を引くことすら難しいんですよね。

あと、インチキをする人たちが、
ウソの稼ぎ自慢をしすぎたせいで、
確かな実績でさえも、
それを疑う人も多いわけでして・・・。

こういった実情を踏まえて、
差別化による勝負を選ぶ人が多いのですが。

単に差別化をするだけでは、
やっぱり決め手に欠けるんですよね。

というわけで、うまくいかない原因の一端のみならず
きっと、全ぼうが明らかになるはずです。

これからも、メールを楽しみにしていてください!

==ここまで

以上です。

ちょっと、引用していたら
メールが長くなりすぎましたね。

なので、勝者の戦略については
また後日、お話しさせていただきます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です