取り組む前に本を100冊読みましょう

ビジネスの成功法則の代表的なものとして、
「取り組む前に、関連書籍を100冊読みましょう」
というものがあります。

これは、なぜゆえに必要なのかというと。

それだけの本を読むことで、
業界の全体像が見えてきたり、
ビジネスの勘どころ、勝負所がわかるようになるからです。

ただ、それはあくまで、
勝者側の理屈なんですよね。

実は、もう1つ、あるんです。
それが、これ。

もちろん、インターネットビジネスとかの場合は、
見切り発車で飛び込んでも、
そんな、大けがをすることはないわけですが・・・。

投資の場合は、さすがにそうもいかないんですよ。

それこそ、何十万円、何百万円、何千万円・・・
下手をしたら億越えの損失を被ることになる。

そうなったらもう、
一生掛かっても返しきれない・・・みたいな。

ゆえに、適性の無い負け戦だと理解するために、
書籍100冊を読むのも大切なことなのです。

もちろん、20万円近いお金は掛かりますけどね。
まぁよほど、読解力のない人以外は、
30冊、40冊も読めば、
無理そうだな・・・と理解できると思います。

挑戦することは確かに大切なことですが、
明らかに適性が無いところで無謀な挑戦をして、
そこで時間とお金をロスして、
適性のあるところでの挑戦ができないとかナンセンスですからね。

というわけで、成功するためにも大切な100冊読書ですが、
無謀な挑戦で何も得られないような不毛な失敗をしないためにも、
これまた、大切な機会になるというわけです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です