全ての基軸はコンテンツ販売から

『コンテンツ販売』と聞くと、どんなイメージを持つでしょうか。

初めてその言葉を聴いたならまだしも、
そうでない場合は、たぶんろくなイメージが無いと思います。
詐欺とかね(笑)

実際、昔ほどではないにしろ、
今でも怪しい情報商材みたいなものは販売されています。

でもまぁ、どこのクレジット会社も、コンテンツ販売ASPも審査が厳しくなってきたので、
ほとんどそんな怪しい情報商材は見かけなくなりましたね。
もちろん、完全になくなったとは言いませんが。

そもそも、情報商材というのはどういうものなのか。
わかりやすく言うなら、ネット上で行う自費出版みたいなものです。

もちろんその形式が必ずしも冊子というわけではなく、
PDFというデジタルデータ形式のものもあれば、
DVDだったりCDだったり、様々ですが。

普通の書籍の場合は、1冊1000円から2000円、
アメリカの偉い学者さんの書いた本でも、せいぜい5000円くらいです。

しかし、情報商材の場合はおおむね1万円。
高いものだと5万円、10万円とするものもあります。

情報商材の、純粋な製造コストはせいぜい1教材あたり1000円前後ですから、
いかに高い利益率であるかがわかるでしょう。

このことから、情報ビジネスを
「お金を印刷する仕事」とさえ評するコンサルタントもいるほどです。

で、多分、こういう話を聞くと、
「1000円そこらで作れるものを1万円で売るなんてけしからん!」
と、怒る人もいると思うんですよ。

まぁ落ち着いてクレープ。
俺の話を聞いてくだチャイナ。

原価を考えれば、けしからん、と言いたくなる気持ちもわかります。
が、別にぼったくろうと思って高く売っているわけじゃないんですよ。

まぁ、そんな売り手の事情はさておき、
そもそもこの手の教材は書籍にはできないような事情が絡んでいる場合も多いんです。

例えば、ボリュームが大きすぎる場合。
さすがに1000ページにもなるような本なんて、
どこの本屋さんも置いてくれませんよね?
あと、あまりに過激な内容だったり、
法律ギリギリ、法の盲点を突いたノウハウとかは、
出版社さんが出版するのを嫌がります(笑)

だから、『電子書籍』と言っても、
普通の書籍や、あるいは普通の書籍を電子化したものと一緒にしてはいけないんですよ。
どちらかというと、通信教育ってあるじゃないですか、資格とかの。
あれの亜種だと思った方が良いです。

・・・と、まぁここまでが、世間一般的なお話。

でも、当然、もっと裏の事情もあるんですよ。
おしゃべりな僕は、さらにその続きを書いちゃいます。

実はですね、コンテンツ販売というのは、
コンテンツ販売そのものだけで利益を上げるために行っているわけじゃないんです。

コンテンツ販売の本当の目的。
それは、『顧客リスト』を集めることなんです。

例えば、サッカーが上手くなるDVDをあなたが販売したとします。

それを買うのは、サッカーをやっている人か、
もしくはサッカーをやっている子供を持つ親御さんですよね。
つまり、そういう人たちのリストを集めることができるわけです。

そのリストに対して、
『日本代表のあの選手も使っているフィジカルアップサプリメントセット30日分』
とかの商品をセールスしたらどうでしょうか?
儲かりそうですよね?

しかも、サプリメントも利益率は半端じゃなく大きいです。
(興味があるならぜひ調べてみてください。)

それだけではありません。
サプリメントというのは継続利用が見込めますから、
毎月、毎年買ってくれる可能性だってあります。

さらには、トレーニング効果を高めるべく、
トレーニング器具の購入だって見込めるでしょう。

お分かりいただけましたか?
つまり、情報商材を軸に顧客リストを集めることで、
そこに対して様々な商品を販売することができるのです。

よく誤解されがちなのですが、
広告の最大の目的というのは商品を売ることでもなければ、
商品の認知度を高めることでもありません。

広告の最も重要な目的。
それは、広告を出した媒体から、見込顧客のリストを収集することです。
元広告マンとしては、
それを理解している広告マンがほとんどいないことに驚かされますが・・・

普通に広告を出すと、先行投資でお金が出ていって、
それと引き換えに見込顧客リストを手に入れるわけです。

しかし、コンテンツ販売であれば
お金を稼ぎながら見込顧客のリストを集めることができるのです。

これが、コンテンツ販売の醍醐味であり、実は最大の目的なのです。

だから、もしあなたが、
「コンテンツ販売は楽して大きく稼げるんだ~」とかという素人考えしか持っていないならば、
ぜひ、このことを覚えておいてください。
今のままだと、せっかくの顧客リストが全部無駄になっちゃいますよ!!

コンテンツ販売は、あくまで顧客リストの収集が目的なのです。

あと、情報商材の亜種として無料レポートなるものも存在します。

ただ、情報を得るためにお金を払った人と、無料で済まそうとした人の間には、
問題解決に対する熱意に大きな違いがあります。
また、物見遊山感覚で無料レポートをダウンロードする人も多いです。

巷ではフリー戦略だの何だのと騒がれてはいますが、
利益率重視のビジネスを立ち上げる上では、
初めから課金できる仕組みで展開することを推奨します。

続きはこちらからどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です