メールに書いちゃいけない言葉

私のメールを読んでいると、
違和感のある表現に気づくと思います。

頃す

SATSUGAIする

もーかる

などなど。

これ、なんでだかご存じですか。

えーっとですね、
実は、これらの言葉は、
そのまま書くと、スパム判定を喰らうんです。

とりわけ、ヤフーメール、Gmailだと
迷惑メールボックスに入ってしまって
ちゃんと届かない場合があるんです。

でもって、それが続くと、
配信者IP自体がブラック判定されたり
システム自体がダメになっちゃうんですね。

なので、そのリスクを回避すべく
こんな言い回しになっているのです。

ちなみに、オンライン上での閲覧のみならず
メーラーソフトを使う場合でも同じで。

ノートンが入っているPCで閲覧すると
メールのタイトルの前に

[Norton AntiSpam]

という警告が自動挿入されてしまいます。

なのでまー、ほんと、
言葉使いって気をつけなきゃダメなんですよ。

でもって、インターネットを使って商売するなら
こういう知識もまた
コピーライティングの知識として
持っていなければならないものなんですね。

さて、そこで気になるのは、
どうやって、こういったNGワードを知るのか、ということですが。

これはいたってシンプルです。

検索エンジンで気になる単語を検索すれば良いのです。
スパム判定を喰らうNGワードは、
例外なく、サジェストから除外されています。

ちょっとしたテクニックですが、
これを知っているのと、知らないのとでは大違い。

ちなみに、LINE@が人気なのって
このスパム判定アルゴリズムがないからだったりもします。

ブログとか、サイトでも、
NGワードが含まれていると
検索ペナルティを喰らいますからね。

ご参考までに!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です