バカは死ななきゃ治らない?

バカは死ななきゃ治らない!

この言葉は、真理でしょうか。

そもそも、「バカ」にも
いろんな定義があるわけでして。

それは、勉強が出来ない、ということなのか。
頭の回転が鈍いと言うことなのか。
はたまた、思考力に乏しい、ということなのか。

実は、日常的に使われる「バカ」という言葉も
その定義は、人によりけり、十人十色といえるほど
多岐にわたっているのが実際のところです。

ちなみに、私は、
どういったニュアンスで「バカ」という言葉を使っているかというと。

EQが低い人、です。

あ・誤解のないように言うと、
私は、「バカ」という言葉が好きじゃないです。
だから、原則として
「知性に欠ける残念な人」という表現を使っています。

ただ、情報発信って、
コミュニケーション業ですからね。

だからこそ、わかりやすい表現を用いることを優先し
ここではあえて、好きではない言葉を使っています。

さてさて。

じゃあ、私が定義する「バカ」である
EQの低い人とは、
一体、どんな人たちなのでしょうか。

えー、これはですね
わかりやすく言うと、
理屈よりも感情を優先する人、
事実よりも意見に影響される人です。

こういう人って、ビジネスでも、人生でも
成功できないんですよ。

あと、何をやっても、
進歩も、成長もない。

だから、関わるだけ時間の無駄、不毛なのです。

ゆえに、ビジネスでも、人生でも
距離を置くことを意識しています。

もっとも、以前は、
自身がメンサであるがゆえに、
IQの高さを鼻にかけていると誤解されるのが面倒なんで
EQという単語も使わないようにしていましたけどね。

「頭の悪い感情論者」

という表現をしていました。

ただまー、メンサであることを隠さなくなったのと、
それゆえに、IQやらEQやらの話をすることに
配慮する必要もなくなったので、
わかりやすさを重視して、今に至るというわけです。

なお、EQとビジネスの関係について論じていると
それだけで本が1冊書けちゃいそうなので
とりあえず、ここでは省略しますが。

まぁ機会があれば
メールで書きたいな、と思っているテーマではあります。

ともあれ、もしあなたが
理想的なお客さんを選別したいとするならば。

EQを基準にして選定をすれば
まず間違いないので、参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です