ステップメールの最大の弱点とは

昨日のメールでもお話ししましたが。

通常のメルマガと、
ステップメールの大きな違い。

それは、温度感やライブ感です。

やはり、通常のメルマガのように
毎日、書き下ろしした方が
読者さんを引き込む力があるんです。

それゆえに、
ステップメールは、
通常メルマガよりも、
効果が落ちると思われがちです。

というか、実を言うと、
この私も、以前は、そう誤解していました。

とりわけ、ライブ感のなさって
致命的だと思っていたんです。

ライブ感というのは・・・。

たとえば、サッカー日本代表の試合があった日などは、
それを引き合いに出して、
例え話を交えつつセールスをしたり。

ジャイアンツが勝った日は、
勝利を祝うタイムセールスとして、
割引販売を行ったり。

タイムリーな話題を盛り込むことで、
読者さんと共通言語を踏まえて
コミュニケーションが取れるわけです。

しかし、ステップメールの場合は
残念ながら、それをすることができません。

それゆえに、効果が落ちる、
と考えられていたのです。

しかし、実を言うと、
タイムリーな話題に頼らずとも、
読者さんとの共通言語を踏まえて
セールスを合理化する方法はいくらでもあります。

最たる例としては、
読者登録をしてもらう、リスト取りページ。

その段階で、
特定のテーマに興味関心のある人だけを集めるよう
絞り込みを書けてしまうのです。

たとえば、
実際に私がやった例ですが。

私は、出版塾を開催していました。

そして、ある読者登録ページでは
「著者の肩書きを手に入れて女性にモテましょう!」
というアプローチをしたのです。

そして、著者の肩書きによって
恋愛で得をした人たちの体験談をふまえて
ステップメールでセールス展開をしました。

恋愛、モテる方法、
この手の話題が共通言語になったので、
下手なタイムリーな話題よりも
はるかに食いつきが良かったです。

当然、成約率、売上ともに
想像をはるかに上回る結果でした。

そうなのです。

このように、読者登録の入り口さえ工夫すれば
タイムリーな話題を盛り込まずとも
共通言語を確立することは難しくないのです。

温度感、ライブ感を演出することも
きわめて簡単な単純作業となるのです。

というわけで・・・。

通常メルマガと比較して
ステップメールは効果が低い
という考えが支配的ですが。

何のことはない。

読者登録ページの工夫によって
いくらでも、効果を高めることは可能なのです。

大切なのは、
その登録ページで示す
個性あふれ、魂を揺さぶるようなコンセプト。

そして、それに乗っ取った
丁寧で、おもしろく、読み応えのあるメール。

これに尽きるでしょう。

そして、これらをしっかり押さえたならば、
通常メールよりも
ステップメールをどんどん組み上げていった方が
はるかに利益につながることは




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です