ステップメールで稼ぐ人がやっていること

今回は、先日お話しした
ステップメールの未来予測に関する
感想&質問メールのうち
ポジティブ方面のものを紹介します。

割合としては、
こちらの方が4倍近くありましたので
2回に分けてお届けします。

> ステップメールによって販売するのは
> 自社のものがベストとうかがいましたが
> 書籍などであれば問題ないのかな、と思いました。
>
> 事実、似たような取り組みをしていて>
> 金額こそ、大きくありませんが
> 毎月、1~2万円程度の利益が出ています。

なるほど!

確かに、絶版でもしない限りは
商品の供給は安定していますよね。

というか、絶版しても
Amazonなどの場合は
マーケットプレイスがあるから安心ですよね。

さらにいうと、
クッキーを踏ませることができるので
その他の商品を購入しても利益につながりますし。

ただ、1つだけ。

その労力、もっと利益が出やすいことに使った方が
割に合うと思いませんか。

本を売ってもせいぜい数十円の利益。
自社商品なら数千円、数万円の利益。

どちらが、より楽かを
冷静に考えて欲しいと思います。

結果が出ているときほど、
非合理的なやり方に気づかないことが多いです。

くれぐれもご注意ください。

> さっそく、ステップメールのまねごとを
> いくつかの自社製品で展開してみました。
>
> 確かに、普通のメールと変わらないくらい
> 安定した売上が出てきますね。
>
> これから、どんどん、
> そのラインナップを広げようと思います。

うーん・・・
成果が出たのは良いことですが。

普通のメールと変わらない、ですか?

2倍、3倍になった、
という報告ならわかるのですが。

すぐに、取り組みをはじめたことは素晴らしいです。

が、おそらく、
展開方法にムダがあるような気がします。

これから、踏み込んだ話をメルマガで書いていくので
ぜひ、それを踏まえて
ステップメールのパワーアップをしてみてください。

あと、そういう理由ゆえに
まだラインナップの拡大はしない方が良いです。
手直しをするべき部分が増えるだけなので。

> ステップメールの話、とても勉強になりました!
>
> そして、さっそく取り組みをはじめたのですが
> 実は、1つの商品に関して
> 3つも、4つもステップメールを設定しました。
>
> こういうやり方は、
> お客さんを混乱させるからやめた方が良いですか。

素晴らしい行動力です。

そして、見事なビジネスセンスですね。

1つの商品に関して
3つも、4つもステップメールを組む。

実はこれこそが、
ステップメールで抜きんでて稼ぐための
違いをもたらす違いなのです。

どういうことかというと・・・。

たとえば、ミキサーを買うお客さんには

1.野菜ジュースを飲みたい人
2.フレッシュフルーツジュースを飲みたい人
3.ドレッシングを自作したい人

などなど、様々、いるわけですね。

当然のことながら、
それぞれに応じたセールストークをした方が、
売上につながりやすいんですよ。

というわけで、
むしろ、お客さんを混乱させるどころか
常時、的確なセールス展開が可能なので
その調子でいくつもステップメールを書いてみましょう。

==ここまで

今日のポイントとしては、
やはり、一番最後のメールですね。

そうなのです。

1つの商品に対して、
1つのステップメールではなく。

3つも、4つも
ステップメールを作成してかまいません。

というよりも、
非常によく売れる商品、
はたまた利益率&利益金額が高い商品ならば、
基本は、こういった
複数のステップメールを走らせるべきです。

その方が、はるかに利益が出ますからね!

逆に、常日頃から、
サッパリ売れない商品があったとして。

そういう商品をなんとか売るためにと
ステップメールを組むのは
ちょっと意味がないかな、と思います。

いくら、自動的に売れる仕組みとはいえ、
売れないものを
売れるようにする仕組みではないからです。

したがって、注意点としては
あくまでステップメールで展開すべきは、
そして複数のステップメールを仕込むに値するのは、
ある程度の売上が出ている
自社の主力商品に限る、ということです。

この辺を見落として
何でもかんでもステップメールを作成しても
労力に見合った成果は得られないのでご注意ください。

それこそ、サッパリ売れない商品のステップメールを書いて
現状打開を考えるよりも。

すでによく売れていて、
10本のステップメールが走っている商品に
11本目のステップメールを書く方が、
はるかに利益につながりやすいのが現実です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です