コンテンツビジネスにはイノベーションが必要だと思う

Twitterにこんなことを書きました。

書籍

教材

そして、

教材

と、付加価値を加えることで、
価格帯が変わり、顧客が変わり、
それによってイノベーションを繰り返してきたのが
今の教材コンテンツビジネス業界です。

しかし、ここに来て、
また、あらたな、価値提供の仕方、
すなわちイノベーションが求められている感があります。

その背景にあるのは、
誰もが自由に発信できる・・・の範囲が、
文字ベースだった10年前までと異なり、
今は、YouTubeとスマートフォンの発達により
動画レベルにまで広がってきていることが大きく関係しています。

かつては、書籍という形でしか
世間に発信することができなかった中で、
ブログをつかって誰もが発信できるようになり、
それゆえに、動画や音声での付加価値が必要になりましたよね。
それが、結果として、
教材販売という価値提供のイノベーションへとつながりました。

そして、そこから、
結果にコミットするサポートと
コミュニティの融合によって
オンライン塾へとさらなる付加価値によるイノベーションが実現し
ここ数年の塾バブルへと展開していきました。

ただ、その後が、ちょっと
手詰まりというか、市場の成長が停滞している感があるのです。

技術はすでにあるのか。
はたまた、技術待ちなのか。

そのあたりから、考えていかなければならないわけですが、
果たして、どうなることでしょうか。

楽しみでありつつも、傍観者ではいけないと思うので、
今後も、情報収集には力を入れていきたいところです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です