コピーを上達させる方法

コピーを上達させるには、
事務職について、
毎日のようにコピーをすることです。

1ヶ月も使い込めば、
どんな複雑なコピー機であっても、
自由自在に使いこなせるようになるでしょう。

って、そのコピーじゃねーよ。

いわゆる、セールスで用いる
コピーライティングの話ですよね。

さてさて。

まず、結論を言うと、
コピーライティングは上手くなりません。

というよりも、
上手い、下手、という概念が
そもそも存在しないと思った方がいいのかな。

まぁ、私のコピーは天才的に上手いですが(笑)

そもそも、コピーライティングの目的って
こちらの意志を伝えるところにあるわけで。

結果的に伝われば、
それで十分なのです。

上手い、下手を論じるならば、
要は、伝わったか、伝わらなかったか、
それだけでしかないと思います。

でもって、究極レベルの話になりますが
素晴らしい商品、サービスであれば、
コピーなんてなくても売れるんですよ。

iPhoneや、MacBookAirなんて、
別に、セールスレターを読んで買ったわけじゃないでしょうし
CMが購入の動機付けになったわけでもないですよね。

なのでまぁ、
コピーライティングの上達云々を考えるなら、
むしろ、コピーに頼らずに売れるような
商品やサービスの仕入れをした方がよいと思います。

労力は、そういった、
ビジネスの効率を良くするために使うべきかと。

なので、実を言うと、
コピーライティングを上達させる方法は
確かに存在するのですが・・・。

そんなものにすがる前に、
もっと、合理的に、
望む結果を得る方法があるわけでして。

むしろ、その可能性を探す行動を選択していただくためにも
あえて、ここでは、何も語らずにいようと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です