コピーで稼ぐのに才能は不要です!

10年くらい前までは、
タイトルのようなコピーで、
コピーライティング教材が販売されていましたが。

今では、そんなのはありえない、ウソ、というのが
ジョーシキとなっております。

というか、先のようなコピーを
本当に信じてしまうおバカさんは
はじめから、商売に向いていないんですよ。

もっとも、それでも
先のコピーを事実と称する人もいますけどね。

それも、成功者の中に。

ただまーそれを引き合いに出して
「コピーで稼ぐのに才能は不要」
という言葉を信じちゃうおバカさんには、
やっぱり、ムリだと思います。

これ、どういうことか、というと。

行間が省略されているんですよ。

どういうことか、というと。

自分で事業をしている人であれ、
企業に勤めていてコピーを書いている人であれ。

すでに、その時点で
ひとかどのビジネスマンなわけですね。

すなわち、そういう人ならば、
ある程度のビジネスのセンスがあるんです。

だから、そのレベルにまで達していると
才能云々ではないんですね。

あとは、正しい手法を知っているかどうか、なのです。

ゆえに、そういう人に呼びかけるには

「才能は不要です!
 正しい手法を知っていることが全てです!」

と、なるわけです。

これ、学歴の話と同じです。

「社会に出てからは、学歴は関係ありません!」

この言葉は、
東大生を戒めるための言葉ですからね。

大学受験前の高校生とか、
大学に行ってすらいない人が、
こんなことを口にしていたら失笑ものですよ。

まぁそんなこんなで。

行間が省略されている言葉を、
そのまま、表層部だけで理解した気になっていると
本質を見落とすので注意したいですね。

コピーライティングには才能が必要ですし、
才能のない人間は学んでも無駄なんです。

そういう、セールスの才能がない人は、
残念ですが、与えられた仕事を淡々とこなし
時間を切り売りする人生を送るしかないと思います。

ともあれ、幸いにも
日本は非常に豊かな国ですからね。

それでも、十分な生活を送ることができます。

ただまぁ、一攫千金の夢は見ないで
地に足のついた生活をするべきじゃないかなーと。

残酷ですが、それが現実ですし、
少なくとも私は、
自分の読者さんにはそういう現実をお伝えすることこそが
何よりの誠意だと思っています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です