アフィリエイトで顧客リストを現金化する

コンテンツ販売の本質は
顧客リストを集めることだと述べました。

しかし、その顧客リストも
ただあなたの商品を売るだけではなく、様々な使い方上がります。
その最たる例は、競合の商品をアフィリエイトするという方法でしょう。

例えば、サッカーのDVDを販売して集めた顧客リストであれば、
競合他社の発売したサッカーのDVDも買ってくれる可能性はあります。

その他、競合ではなくても
筋力トレーニングのDVDなども買ってくれる可能性があるでしょうし、
他社が販売しているサプリメントやトレーニング器具でも
当然買ってくれる可能性は高いでしょう。

このことからも言えるように、
実はコンテンツ販売とは、アフィリエイトを効率的に行うための準備でもあるのです。

また、中にはあなたの情報商材を購入して満足していない人もいます。
それどころか、絶えずクレームを言ってくるウザイお客さんもいるかもしれません。

そういう場合は、競合の商品をアフィリエイトして、
そちらに押しつけちゃうのも1つの方法です。
うわー悪い方法(笑)

確かに厄介払いみたいに思うかもしれませんし、実際そうなのかもしれません。
でも、もしかしたら競合の商品をいたく気に入る可能性もあるわけでして。
自分にも手数料が入って、競合も儲かって、お客さんも成功できる、まさにトリプルウィン状態!
ハーバードビジネススクールも真っ青のビジネスモデルの出来上がり♪というわけです。

というわけで、巷にあふれかえっているブログやメルマガのアフィリエイトのノウハウですが、
あんな遠回りで効率の悪い方法はないんです。

コンテンツ販売をして、お客さんのリストを集めて、そこにメールを送る。
アフィリエイトなんて、これで十分稼げるんです。
それこそ、これだけで月収50万円、100万円稼ぐことだって簡単です。

巷でよく言うメール1通で100万円。
そのからくりは、このお客さんのリストを
とことんまで濃くした状態で行うアフィリエイトなのです。

いつだって稼げる人は最も楽な方法で最も稼げる方法を探し出します。
稼げない人は、全く逆のことをします。

あなたはすでに知識はあるんです。
ですが、その正しい組み合わせを知らないがゆえに、
今日まで思うように稼げない歯がゆさを味わってきたんです。

これでヒントをつかめたんじゃないですか?
要するに、

1.コンテンツ販売でリストを集める

2.会員サービスで定期収入モデルを作る

3.アフィリエイトでリストを現金化したのち1に戻る

これの繰り返しなんです、稼げるネットビジネスって。
しかも、掛け算で収益が増えていくんですよ。
単体でやるのとはえらい違いです。

いやー調子に乗って喋りすぎた。
これであなたに稼がれまくっちゃうとうちの会社ピンチだな(笑)

ま・そんな冗談(本気?)はさておき・・・
じゃあ、ここから、さらにノウハウを掘り下げていきますよ!!

続きはこちらからどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です