もし、出版オファーが届いたらどうしますか?

突然ですが・・・

もし、あなたに、
今から出版オファーが来たらどうしますか。

応じますか?
それとも、断りますか?

以前もお話ししたとおり、
本を出す場合は、
たとえ、出版塾経由でなくとも。

プロモーションコストが
100万円ほど必要になります。

要するに、出版オファーは
「100万円払ってください」
という、出版社からのセールスでもあるのです。

どうでしょうか。

もし、「Yes」と答えるならば・・・。

もうちょっと、冷静になった方がよいです。

これまで、何度もお話ししているように、
紙の本の方が格上だなんだと言う人がいても、
実態としてはそうでもないからです。

絶版してしまえばそれっきりな上に、
1年後絶版率は99.9%なわけですからね。

それにも関わらず、
先のオファーをチャンスと思ってしまうのは、
あやまった権威主義に毒されているあらわれです。

繰り返しになりますが、
紙の本を出すこと、電子書籍を出すこと、
その両者に格の違いはありません。
社会的な地位や、名誉の違いもありません。

したがって、
わざわざ100万円をドブに捨てるよりも。

そのお金をしっかりとふところに置きながら、
コツコツと電子書籍を出し続けるべきでしょう。

その100万円で生活をする間に、
本を何十冊、それこそ100冊以上出すことだって
ぜんぜん可能な話ですからね。

で、なぜこういう話をしたかというと。

実は、紙の本を出すと、
その直後から、ものすごい勢いで、
出版オファーが届くようになるんです。

言うまでもなくそれは、
売れたから、勢いがあるから、ではなく。

プロモーションコストを捻出するだけの
相応の経済力があると業界に知れ渡るからです。

早い話が、ネギをしょっているカモを見つけたぞ、と
ハイエナが群がってくる感じですね。

ちなみに、私の場合も同様で、
1冊目の時は6社から
2冊目の時に至っては11社から
出版のオファーをいただきました。

この手のオファーは、
応じれば確実に出版に至るわけでして。

そこから、さらに
新たなオファーを生むことも十分ありえます。

すなわち、全て素直に受けていたら
それだけで紙の著書が
100冊以上になっていたことでしょう。

プロモーションコストだけで1億円(笑)

というわけで、
流れに身を任せていれば、
確実にテレビに出る文化人、
コメンテーターになれていたと思いますが。

いかんせん、拘束時間の割に
ギャラがひどいというのは、
勝間和代さんもおっしゃっていたので。

加えて、同じ文章を書くにも、

書籍 < 教材 < コンサル

といった具合に、
それぞれ10倍くらいの利益の違いがあります。

となると、やはり、
書籍にうつつをぬかしてもいられない、
というのが本音でした。

以上のことから、
あなたが、電子書籍を出して、
ソコソコ有名になったとして。

念願の?出版オファーが届いたときに
もしかしたら、舞い上がってしまうかもしれません。

ですが、今の出版業界の構造上、
出せば出すほどカモになる、という
救いがたい問題があります。

したがって、一時的な名誉欲、自己重要感は満たせても
得られるものがどれほどのものなのか。

そのあたりの、損得勘定は、
冷静かつ、慎重に行った方がよいです。

繰り返しになりますが、
紙の本だろうが、電子書籍だろうが、
世間があなたに対して感じる権威性に
大した差はないわけですからね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です