なぜ世界的な成功者はブログを書かないのか

インターネットで
社長や起業家が不用意な発言をして
炎上騒ぎをたびたび引き起こすことがあります。

これは、情報の受けてである方々とのスピード感のある双方向性のやりとりから、
ついつい親身になりすぎたり、本音を語りやすい雰囲気に流されたりするのが原因です。

単なる日記が自慢話と受け取られてしまったり、
持論を語ることが価値観の押しつけと思われてしまったり、
親身のアドバイスが説教と受け取られてしまったり。

学歴を開示することが学歴自慢と受け取られることもあれば、
友達の経営者と何気なく撮った写真が
人脈自慢だと批判されることもあります。

それこそ、一方的に話しかけられて、
その返事をしないことを
「調子に乗っている」「傲慢な態度だ 」と中傷されることさえあります。

かといって、質問に対してわかりやすく、丁寧に回答をしたとしても
「話が長くて頭悪そう」とか
「バカの一人語りウザい」などと揶揄されるわけでして・・・。

このように、知名度があり、社会的に影響力を持つお金持ちや成功者は、
本音を語るだけで世間の反論を買ってしまうことが多いのです。
それどころか、何をやっても批判されることも少なくありません。

早い話が、存在自体を疎ましいと思っている方も
世の中にはたくさんいらっしゃいます。

それもそのはず、お金持ちや成功者の方々の価値観は、
普通の方々とはまるっきり違うことが多いですからね。
ゆえに、普通の方々が、やることなすこと気に入らない、そう考えるのも自然なことなのです。

実際、あなたも、
インターネット上で本名を出した上で本音を語るのには抵抗があるのではないでしょうか。

それもそのはずです。

こうして、本ブログをはじめ、
ビジネス情報を常日頃から積極的に学んでいる方は、
やはりお金持ちや成功者になる資質を持っていて、
普通の方々とは価値観が根本的に異なるからです。

したがって、もしかしたら、すでに経験したこともあるかもしれませんが。
あなたのような方が、誠実に本音を語ると、
かなりの確率で誹謗中傷が殺到し、炎上騒ぎが起きてしまうことでしょう。

さて、それでは、こういった現象が起きる背景ですが。

そもそも、それがどれだけ論理的なものであったとしても、
批判の根底にあるのは、嫌いという感情なのです。

すなわち、批判とは感情論であり
感情に振り回されて行動しがちな、EQの低い人特有の習慣なのです。

そもそも、嫌いという感情は
価値観の違いによって芽生えるものです。

人生は、習慣の積み重ねです。
習慣は、行動の積み重ねです。
その行動とは、思考に基づいて行われるものです。
そして、思考のベースになるのが価値観です。

つまりが、あなたを含めた、成功者という人生を歩んでいる方と、
ありきたりな人生を歩んでいる方とでは、
根底となっている価値観がそもそも異なるのです。

だからこそ、あなたやお金持ち、成功者の価値観は、
一般的な方々のそれとは大きく異なります。
すなわち、本音を語ると嫌悪感を抱かれやすいのです。

だからこそ、知名度があり、社会的に影響力のある方ほど、
個人的な情報発信は行っていません。

常日頃から、建前を語って周囲への配慮を余儀なくされている中で、
新たにその手の配慮を必要とする場を増やすことにメリットがないからなのです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です