その他大勢でもいい?

情報発信のビジネスをしていると、
どうしても、発信分野のトップにならなければ・・・と
変な強迫観念に駆られる人がいるみたいです。

まぁ、気持ちは良くわかりますし、
やるからにはトップに!という意気込みは
非常に素晴らしいものだと思います。

が・・・

今って、市場が非常に拡大しているので、
別に、トップにならなくても
十分過ぎるほど稼ぐことができるんですよね。

むしろ、トップになるということに
変にこだわるほどに、
効率の悪い業務が増えるような感さえあります。

でもって、自身の経験談からいうと、
4~5位くらいまで上がるのって
大した努力なんて要らないんですよ。

ただ、それ以上の、
トップ3の争いになってくると
ある意味、プライドをかけた戦いになるというか。

時に、採算度外視で
立場を獲得するために、あるいは守るために
利益率を落としたアプローチを
余儀なくされることもあるのです。

もちろん、それでも、
トップに立つという名誉は、
確かな影響力、
そして自分への自信を与えてくれるものですけどね。

それでも、私個人としては、
楽をしていけるところまで、にとどめて
むしろ、1つのジャンルではなく
幅広く展開をした方が合理的な気がします。

あとまぁ、当の本人と、
市場を構成する同業者くらいしか
勢力図に関心がなかったりするものですよ。

トップになれば話は別ですけどね。

トップになれなければ、
2位も、他の順位も同じというのが現実です。

なので、その割に合わない結果を考えるに
ポジション取りよりも
実利に集中した方が良いような気がします。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です