しかられました

このタイトル、
私が無料メルマガでよく使うのですが。

開封率が、異様に高くなります。

ちなみに、その背景にあるのは、

・好奇心をそそる
・他人の不幸話

という、2大要素を
一瞬で刺激することが出来るからです。

ただまぁこれ、
一長一短ありましてですね。

普段開封しない人、反応しない人は、
いずれも、メシウマワロタピーポー属性なんですよ。

ゆえに、セールス的な展開は
ちょっと難しいですね。

せいぜい、無料オプトかなーと。

もっとも、その手の人たちって、
無料オプトですら、
配信者が稼ぐのは許せない!って考える
ちょっと変な人たちなので、
それすらムリな場合がほとんどですが。

いずれにせよ、
未開封のまま、サーバーにメールがたまるのを防ぐには
多少は役立つ手法と言えます。

なので、こちらに対して
完全に興味を失っている対象を除外するための
揺さぶりとして使うのがセオリーかもしれませんね。

このタイトルで、クリックすらしない人は
もう、ダメなんじゃないか、と。

そういうジャッジをする、ということです。

以前も、お話ししたと思いますが、
素晴らしいコピーを書いたとしても
それを発表する場が廃れていたら意味がないわけですよ。

アクセスのないサイトで、
素晴らしいコピーを書いても
商品が売れるわけないですからね。

それと同じで、
どれだけ、価値のある発信をしていても
メルマガが届かなければ意味がないのです。

その辺のリスクヘッジとして
覚えておきたい手法ですね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です