この「なぜ?」に対する私の考え

このメルマガを読んで、
マスターブックスクールに参加した方がたくさんおりますが。

今日は、参加をした方からの質問と
それに対する回答を共有しますね。

> 私も含めて、多くの読者さんは
> マスターブックスクールに参加をしたと思います。
>
> それにも関わらず、関口さんが連日、
> しきりに参加をうながすメールを送っているのは
> どういった理由と目的があるのでしょうか。

理由は、読者さんの中に、
まだ参加していない人がいるということ。

目的は、そういった人たちを
一人残さず参加させたいから、です。

えーっと、やっぱりですね、
マスターブックスクールで学んで、著者になったら、
その影響力と権威性を駆使して
おいしく稼いで欲しいんですよ。

間違っても、私の知識の受け売りで
せせこましく稼いで欲しくないんです。

なんのスクールをやっても、
必ず一定数、そういう参加者さんっているんですよ。

別に、他人さまの商売を
あれこれいうつもりはありませんが。

もちろん、劣化コピーを販売するのは
お客さんの利益にならないんで
もうちょっと頑張れよ、と思うことは多いですが。

マスターブックスクールに関しては、
そうやって、小さくまとまるのは
すごくもったいないんですよね。

それくらい、著者になることによって得られる
権威性、影響力は、計り知れない物があるので。

だから、見込み客という見込み客を全て、
刈り取り尽くしてしまいたいのです。

もう、電子書籍出版塾というビジネスが
今後、一切、成立し得ないくらいに。

そうすれば、マスターブックスクールで学んだ方も、
受け売りで稼ごうなんてことは考えず、
もっと効率よく稼げるビジネスに集中できますからね。

でもって、実際、参加者さんの目から見ても
こうしていつまでも私がメルマガで刈り取りをしていると
さすがにもう、残りのパイはなさそうって思いませんか。

ゆえにまぁ、こうして、あえて見せることで
著者としての仕事に、
そしてそれを駆使するビジネスに
集中していただこうという狙いがあるのです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です