お金持ちや成功者に付きまとっても成功できない理由

「最も親しい友だち5人の平均年収があなたの年収である」

この言葉を真に受けて、
ソーシャルメディア上を中心に、
お金持ちや成功者に付きまとう方々がいらっしゃいます。
いわゆるメンターバカと揶揄される方々ですが。

おそらく、彼らの考えとしては、
付きまとうことで存在を認知され、
お友達になれるとでも思っているのでしょう。

当然のことながら、
そんなことをしても鬱陶しいと思われるだけです。

むしろ、熱意があればあるほどに、
相手からの拒絶を生み、
友だちになるという前提条件さえ果たせないのが実際のところで しょう。

とはいえ、当の彼らは、
無視をされることや、冷ややかな対応をされることさえも、
成功に至るまでに自分に課せられた試練と
一方的に思い込んでは、執拗な付きまとい行為をくり返します。
それを 乗り越えたところに成功があるなんてタチの悪い思い込みをしているわけです。

言うまでもなく、彼らのその努力が報われることはありません。
むしろ、その迷惑行為に対して、
社会的な制裁が下されることの方が多いのではないでしょうか。

結果として、その行為は、彼らの成功をより遠ざけるものでしかないのです。

これは何も、友だちになるためのアプローチ方法が間違っているから、といった
手法的な間違いの話ではありません。

根本的に、全てが間違っています。

事実、この手の方々は、
自らお金持ちになることを、成功することをあきらめるまで、
先のような迷惑行為をくり返します。

そして最終的には、
相手をしてくれなかったお金持ちや成功者に対して悪態をつくか。
はたまた、
「最も親しい友だち5人の平均年収があなたの年収である」という真理が
でたらめであると吹聴するようになるか。

そのいずれかであることが大半です。

ではなぜ、彼らは
お金持ちや、成功者のお友達になることが出来ないのでしょうか。

それは、彼らの行動や価値観が、
成功者お金持ちにとって受け入れがたいものだからです。

そもそも、仲良くなれるかどうかは、
価値観が近いかどうか、ということに関連しています。

あたり前のことですが、
あまりに価値観が違いすぎる方とは、
表面上は取り繕うことが出来たとしても、
心の底からつながり合えることはありません。

というよりも、
表面上を取り繕って付き合うことさえも、
お互いにとって耐えがたいストレスになることが大半です。

そして、もう、これでおわかりいただけたでしょうが。

お金持ちや成功者と友だちになったから、
自分もお金持ちになれた、成功者になれた、というわけではありません。

お金持ちや成功者と仲良くなれるような、価値観を持ったからこそ、
自分もお金持ちや成功者になれるのです。

あなたも、この言葉をよくご存じだと思います。

価値観が思想を作り、
思想が行動を作る。
行動が習慣を作り、
習慣が人生を作る。

そう、お金持ちの人生を歩むこと、成功者としての人生を歩むこと、
その全ては価値観に掛かっているのです。

そして、冒頭の言葉を思い出してみてください。

「最も親しい友だち5人の平均年収があなたの年収である」

これはすなわち、
価値観が近い方々の年収平均が、あなたの年収になる、ということなのです。

もちろん、現段階でフリーターに甘んじている友だちもいて、
あなたと大きく年収が異なる場合もあるでしょう。

しかし、その友だちが、
あなたと同じような環境、仕事をすれば、
やはり価値観に基づいて同じような成果を上げ、
同じような収入を得るようになります。

一方で、あなたよりもはるかに稼いでいる友だちがいるならば。
あなたが、今の環境を脱し、能力を発揮できる環境を得ることで、
その友だちと同様の収入を得ることが出来るようになる、というわけです。

いずれにせよ大切なのは、
友だちになる、ということ自体にはそれほど大きな意味があるわけではない、ということです。
むしろ本質は、価値観を同じくする、というところにあります。

したがって、前述のような、
お金持ちや成功者と仲良くなれば・・・と考えているような方々は、
本質を理解できないままに、自分本位な愚行に走っているだけ、ということなのです。

そして、そういった方々を見て、
お金持ちや、成功者は、どう思うでしょうか。

自分を利用として近づいてくる、
鬱陶しくてなれなれしい他人としか思わないわけです。
少なくとも、お金持ちや成功者の方は、
さらなる成功のために、そんな浅ましい行動を取ることはありません。

つまりが、価値観の大きな違いを感じる、というわけです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です