あなたがお金を稼がなくてはいけない理由

「世の中、お金が全てです!」
IT企業の社長がこんなことを言うと、袋叩きにされる今日この頃。
今日もお仕事お疲れ様です。

たぶん「お金が全て」という言葉を見て
「けしからん奴だ!」と思いませんでしたか?

共感した?いや、それはそれでちょっとアレですね(苦笑)
普通の感性なら「お金が全て」なんて言葉を聞いたら、
たぶん「けしからん」と思うんですよ。
お金が大好きな僕だって
「うわーこの人ヤバいんじゃないの!?」
って拒絶感でますもの(苦笑)

でも、だからと言ってお金を否定してはいけないと思います。
実際、お金って魔法のチケットなんですよ。
例えば、あなたはこんな不満を感じていませんか?

・上司がアヒルみたいにガーガーうるさい。
・取引先がジャイアンだ。
・協力会社がゴルゴ13のように冷淡で事務的で付き合いづらい。
・毎朝早起きして会社に行くのがダルダルダルビッシュ。
・先輩社員のサムいおやじギャグに突っ込みたいが突っ込めない。
・関西支社の社員のテンションの高さにいちいち疲れる。
・部下がやる気なしおちゃん。
・事務のおばちゃんがハリウッドスター並みに気難しい。
・現場のおっちゃんが狂犬のごとく気性が激しくて怖い。
・ぶっちゃけうちの会社はブラック企業だ。

お金さえあれば、嫌な思いをしてまで、
こんな人たちと仕事でかかわる必要なんてありません。
会社を辞めればいいわけですから。

もちろん、その一方で会社を辞める必要もないかもしれませんね。
だって、十分なお金があれば、多少のことでは腹が立たなくなりますもん。

例えば小学生に「バカ」って言われてもムカつきませんよね?

同じ理由で、お金持ちになれば、自分よりお金のない会社の人たちに、
どんなにぞんざいに扱われようと、屁とも思わなくなります。

多分、あなたの会社の社長も程度の差こそあれ同じ考えですよ。
社員にバカだ、無能だと陰口を叩かれても何とも思っていない。
どーぞ悪口カムカムエブリバディ!私のために働いてクレオパトラ状態でしょう。

ま・そんなわけで、お金があれば何でも買えるとか言う人がいますけど、
そんなことよりもですよ!
『ストレスを感じにくくなる。』これが大きいかな、と。

お金を持っていることから来る優越感もあるでしょうが、
それ以上に満たされている感があるから、小さいことが気にならない!そ~れ、ワカチコ!ワカチコ!

でも、どれだけ窓をふさいでも風邪のウイルスがどこからともなく流れ込んでくるわけです。
それと同じように、ストレスの要素を排除していっても、
やっぱり、次から次へとやってくるわけですよ。

だったら、風邪のウイルスに負けない強い体を作った方が良いじゃないですか。
それと同じで、お金を稼ぐことでストレスをストレスと感じない状態を作りませんか?と。
これが僕からの提案です。

この本を読み終える頃には、
きっとあなたは就任直後の内閣総理大臣のように、
高潔な精神で慈愛に満ちた目で世界を見ることができることでしょう。たぶん。

続きはこちらからどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です