あいつら絶対フラッシュモブとかやりそうだよね

この前、セールスのお膳立ての話を
恋愛に絡めてお話ししましたが。

そのメールを自分で読み返して思ったのは、
セールスがヘタクソな
追込み商法をやるような連中っているじゃないですか。

あの手の連中って、
絶対、フラッシュモブとかでプロポーズとかしそうですよね。

そもそも、フラッシュモブで成功すると思っている
頭のおかしい男と結婚したい女ってどんなだよ、
って思うわけですが。

ともあれ、それが上手くいくと思っちゃう時点で
何をやってもダメなんだろうな、と思うわけです。

確かに、セールスにおいて、
サプライズの演出は効果的ですけどね。

ただまーそれはあくまで、
お膳立てがあっての話なわけで。

そうでない条件下でのサプライズは
不快感を増すだけです。

それこそ、恒久的な取引の可能性をゼロにする
最低の悪手とすら言えるんじゃないでしょうか。

まぁ大切なのは、
その手の演出による起死回生に期待するんじゃなく。

自然な流れでのクロージングを実現するような
日々のお膳立てじゃないかと思うのです。

サプライズに命運を託すのは
もはや、負け戦でしかないと思います。

でもって、そんな状況を自覚したならば、
損失を重ねるよりも前に、
ターゲットの切り替えを行うべきでしょうね。

あるいは、恋愛のように
売り込むものが自分自身、というわけでもないのですから
売り込むべきものを切り替えるとか。

商品を変えるか、ターゲットを変えるか、
その辺は柔軟に行きたいところですね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です